Report/金子 剛士 Photo/奥隅 圭之、芳賀元昌
取材協力/カーコン車検 カーコンビニ倶楽部 トラスト

車検とは、車にとって大切な健康診断!

車を所有していれば、2年に1度必ずやってくるのが車検。よく「車検に出す、通す」などと言われますが、一体何をやっているのか知らないという人も多いんじゃないでしょうか? ディーラーなどに預けた場合、車が戻ってきた時にはすでに車検が終わっているわけですからね。

そもそも車検は、「検査」と「点検整備」の2つがセットになっているのですが、検査は新規検査や継続検査など、国が定める保安基準に適合しているかどうかをチェックすること。点検整備とは「24カ月定期点検整備」などと呼ばれるもので、不具合があるものは直し、今後故障が予想される個所に関しても整備するといった予防的な意味合いももつ整備のことを指します。

つまり車は2年に1度、「検査」と「24カ月定期点検整備」を通じて健康診断を受けているのです。

車のお医者さんは、整備士さん!

エンジンルームの検査_整備士|大人の社会科見学に出かけよう

保安基準を満たしているかをチェックするのが検査になるわけですが、ユーザー車検で認知度は高まっているとはいえ、あまり知られていないのが実情です。なので、まずは簡単に概要を説明しますね。

この検査には大きく、新規検査と継続検査があります。新規検査とは新車の車検を取る場合、継続検査は今ある車検証の有効期限が満了した後も継続して乗る場合に必要となります。みなさんがよく言う「車検」とは、主にこの継続検査のことを指します。

検査を受ける場所は運輸支局。ここに車を持ち込んで検査を受けることになるのです。ただし、指定工場であればその必要はありません。ちょっとややこしいのですが、整備工場には「認証整備工場」と「指定整備工場」があり、運輸支局で検査を受けなければならないのは「認証整備工場」になります。

そこで今回は、品川にあります東京運輸支局、通称「鮫洲」と呼ばれている運輸支局まで足を運んで実際にどんなところをチェックしているのかをじっくり見学してきました。これを見てあなたはどう思うでしょう?「え、こんなところも?」なのか、それとも「これしか見ないの?」なのか。

では、愛車がどんな検査を受けるのか、車検現場からリポート