車検を中古車販売店や車検代行業者などに頼む際、どんな整備工場で車検が行われているかまで気を配っているだろうか。実は整備工場の種類によって車検のやり方が異なってくるのだ。

車検の方法は大きく分けて2つある

車検はユーザーが自分で受けるのが本来の姿。ディーラーなどに車検を依頼した場合は車検の手続きを代行してもらっていることになる。つまり車検の方法は大きく分けて、自分でやるか、代行してもらうかの2通りある。

ユーザーであっても国の運輸支局や自動車登録検査事務所(軽自動車の場合は軽自動車検査協会の検査場、これらをまとめて車検場と呼ぶことが多い)に車を持ち込んで車検を受けることが可能だ。こうした方法をユーザー車検という。ただし、一般的には整備工場などの業者に24カ月定期点検整備とセットで代行を依頼する。

整備工場の種類

車検を受けられる整備工場には、指定整備工場と認証整備工場の2種類がある。

車の整備において安全にかかわる装置を分解して整備すること(分解整備という)については法律で制限が設けられている。ブレーキパッドの交換などが、分解整備に該当する。普通の人でも分解整備を行うことは可能だが、整備後には国の検査場で検査を受ける必要があるため、かなり面倒。しかし、認可を受けた認証整備工場や指定整備工場であれば、工場内で分解整備を終わらせることができる。

指定整備工場と認証整備工場には、それぞれ面積や人員、設備などの定めがあるが、規制緩和によって昔に比べると認可が受けやすくなった。そのためカー用品店やガソリンスタンドなどが認可を受けるようになり、整備や車検を行うようになっている。

指定整備工場と認証整備工場|車検完全ガイド

指定整備工場

車検場と同じ検査機器が備えられていて、工場内で車検の検査を終わらせることができる。そのため民間車検場とも呼ばれる。車検の依頼を受けた場合、車検場には書類だけを持ち込んで手続きを行えばいいことになる。

認証整備工場

整備自体は指定整備工場と同様に行えるものの、工場内で車検を終わらせることはできない。整備後は車検場に車を持ち込んで検査を受けたうえで、書類の手続きを行うことになる。

主な車検の窓口

車検を代行してもらうユーザーにとって、その窓口になるのは主に下記店舗になる。

新車&中古車ディーラー|車検完全ガイド

新車&中古車ディーラー

新車&中古車ディーラーの一部には整備部門がまったくなく、系列の自社工場に移動させて整備を行うところや、提携の整備工場に外注する小型の店舗もあるが、多くは整備工場を備えている。指定工場になっていて、その場で車検の検査まで終えられるところもある。また別の例では、ディーラー付属の整備工場は認証整備工場だが、地域に系列の指定整備工場があり、そこで車検の検査を行う場合もある。

街の整備工場|車検完全ガイド

街の整備工場

工場内で車検の検査が行える指定整備工場であれば「民間車検場」と大きく表示してある。認証整備工場の場合は、車検場に持ち込んで検査を受けることになるが、同業者の組合で指定整備工場をもっていて、そこで車検の検査を行うこともある。チューニングショップのように小さな整備工場では、指定工場、認証工場を持っておらず、代行業者として車検を受注することもある。

中古車販売店|車検完全ガイド

中古車販売店

中古車販売店が指定整備工場になっていることは少ないが、認証整備工場の認可を受けているところなら分解整備も可能だ。簡単な整備しか行えない中古車販売店の場合は、車検代行業者として車検を受注することもある。

ガソリンスタンド・カー用品店|車検完全ガイド

ガソリンスタンド・カー用品店

もっともバリエーションが多い。指定整備工場もあれば認証整備工場もある。なかには、代行業者として車検を受注することもあれば、他の車検代行業者の窓口としてだけ機能している場合もある。

車検代行業者|車検完全ガイド

その他の車検代行業者

一般的には代行業者といわれるもので、その作業の内容はバラバラ。単に車を車検場に持ち込んで検査を受け、登録を更新するところもあれば、指定または認証整備工場を抱えて(あるいは提携して)24カ月定期点検整備まで請け負うところもある。