車検と言えば「お金がかかる」イメージをもつ人も多いはず。しかしその費用の大半は税金などの法定費用が占めている。ここではそんな車検に関するお金とともに、用意しておかないと車検を受ける時期が遅れてしまう必要書類を見ていこう。

車検で用意しておく書類

車検を代行してもらう際に必要な書類は下記の3点。ほかに車検証に記載された使用者の認印が必要になる。

車検証(自動車検査証)

いわば車の戸籍謄本。車検証は車を使用する際には、常に車載していなければならないものだ。普段から車のグローブボックスなどに入れておこう。

自動車税納税証明書(または軽自動車税納税証明書)

自動車税を納付していないと、車検を受けることができない。車検の年は納付していても、過去に納付していない年があれば、やはり車検が受けられない。

紛失した場合、納付しているのなら自動車税納税証明書の再発行を受けることが可能だ。また、納付していなくても、延滞金を含めて車検時に納めることはできる。ただし、こうした場合には余分に手間がかかるので、車検代行業者によっては手数料を取られる可能性がある。

自賠責保険証明書(自動車損害賠償責任保険証明書)

車検を受ける際には、次の車検の有効期間をすべてカバーする自賠責に加入していなければならない。車検代行業者で自賠責に加入するのであれば、現在有効な自賠責保険証明書だけを用意すればOKだが、事前にどこかの損害保険代理店で加入しても構わない。その場合は、現在有効な証明書と新しい証明書の両方が必要だ。

車検に必要となる費用

車検に必要な費用は、大まかに法定費用車検費用に分類される。

法定費用

自動車重量税・検査手数料・自賠責保険料といった法定費用はどんな車検業者を利用しても、ユーザー車検を行っても必ずかかる。特に、いわゆる「車検代」で大きなウエイトを占めるのは、この法定費用だ。

自動車重量税

車両重量(車両総重量ではない)に応じて課税される国税。軽自動車は一律となる。車検を取るときにその車検期間分を納付する。

自動車重量税の税額(単位:円)【エコカー減免適用なしの場合】

※エコカー減税対象車は税率の減免がありますので別途ご確認ください。
※初度登録から18年以上経過している車は税率が変わりますので別途ご確認ください。
※次世代車は税率が変わりますので別途ご確認ください。


車検期間 車両重量
~0.5t 0.5t~1t 1t~1.5t 1.5t~2t 2t~2.5t 2.5t~3t 軽自動車
3年 15,000 30,000 45,000 60,000 75,000 90,000 11,400
2年 10,000 20,000 30,000 40,000 50,000 60,000 7,600
1年 5,000 10.000 15,000 20,000 25,000 30,000 5,400
検査手数料

車検場に持ち込む際に必要な手数料。

(単位:円)

  手数料
普通車(3ナンバー) 1,800
小型車(5ナンバー) 1,700
 
軽自動車 1,400

※指定整備工場にて点検済みで保安基準適合証のある場合は、申請の手数料として普通車・小型車ともに1100円、軽自動車は1100円が必要

自賠責保険料

いわゆる強制保険料。交通事故の被害者救済を目的に作られた強制加入制度で、車検時に次の車検までの期間分を支払う。

自賠責保険料(新規加入時の料金 単位:円)

車種区分 37カ月 36カ月 25カ月 24カ月 13カ月 12カ月
自家用自動車(3/5/7ナンバー) 36,780 35,950 26,680 25,830 16,380 15,520
軽自動車 35,610 34,820 25,880 25,070 15,960 15,130

車検費用

車検費用には、車検代行手数料や事務手数料、24カ月定期点検費用などが含まれ、点検によって整備が必要になれば整備費用が発生する。

これらの費用は、業者によって違いがある。車検を依頼する前にある程度の調査が必要だ。ラジエター液やエンジンオイルのように一般的に必要になる消耗品の交換が含まれていることもあれば、純粋に点検費用だけしか盛り込まれていないこともある。