運輸支局や民間の整備工場などで受けられますが、かかる時間や費用はまちまちです

車検を受けるには、大きく分けて2つの方法があります。

1つめは、民間の整備工場に車を持ち込む方法です。具体的には、自動車整備工場やガソリンスタンド、カー用品店、自動車ディーラーなどに車検を依頼します。この場合は、持ち込んだ工場が「指定整備工場」なのか「認証整備工場」なのかによってかかる時間に差が出てきます。

指定整備工場と認証整備工場、どちらも国から認可を受けているのですが、指定整備工場は自社の整備工場で継続検査(いわゆる車検)を行うことができます。一方で、認証整備工場は自社で継続検査を行うことができないので、点検整備をしたあとに運輸支局に車を運び込む必要があります。したがって、車検をできるだけ短時間で済ませたい人は、指定整備工場に相談するのが一般的です。

金額的には、指定または認証だからといってあまり差が出ることはありません。点検時に故障が見つかった際にかかる費用や、消耗品の取り替えにかかる費用は、持ち込んだ車固有のものであり、またその料金も車検を代行したお店によってまちまちだからです。

2つめは、「全国の運輸支局や自動車検査登録事務所」に車を直接持ち込んで車検を受ける方法です。軽自動車の場合は、軽自動車検査協会に直接持ち込みます。これを一般にユーザー車検と言います。

代行費用などが生じないので、費用を抑えられる点がメリットです。半面ユーザー本人が法律で定められた点検を行い、車を車検に通る状態にする必要があるため、きちんとした知識が必要です。また、運輸支局などに自分で車を持ち込むなど、時間的な余裕も必要です。