定期的に、車の整備状況を確認するという意味合いがあります

車検とは自動車検査登録制度のことを指しています。この制度の中でも、特に継続検査のことを一般的に「車検」と呼びます。

そもそも自動車検査登録制度とは何か?車は、交通事故や大気汚染といった社会的な問題を作り出します。そのため、安全にかかわる部品が摩耗していないか、マフラーなどの排気にかかわる部品が保安基準に適合しているか、といった車の管理保全が求められています。

意外に思う方もいるでしょうが、実はこの管理保全は、車の使用者の責務です。しかし使用者ごとの知識や技量の格差、意識の違いなどもあり、統一の制度として設けられたのが自動車検査登録制度なのです。この制度によって、車は一定期間ごとに検査登録を行うことになっています。

検査登録には下記のものがあります。

新規検査

新車を登録するときや、一時抹消した車を再び使用するときに受ける検査のこと。

継続検査

自動車検査証の有効期間が満了した後も、引き続き車を使用するときに受ける検査のこと。自家用乗用自動車や軽乗用自動車の場合は、初回から3年後、それ以降は2年ごとに受けなくてはなりません。一般的に「車検」と言った場合は、この継続検査を指します。

構造等変更検査

車体の長さ、幅、高さなどに変更が生じるような改造をしたときに受ける検査のこと。乗車定員、最大積載量、車体の形状、 原動機の型式、燃料の種類、用途などの変更も該当します。
そのほか、整備不良や不正改造を排除するため路上などで行われる街頭検査や、予備検査、臨時検査といったものがあります。

ちなみに「車検を通ったからあともう2年は平気」と思う人が多いのですが、それはまったくの勘違い。車検は「あくまで現時点では大丈夫ですよ」という意味で、その後の車の保安性は保証していません。極端な話、運輸支局の検査ラインを出て、家に帰る途中で故障してもおかしな話ではないということ。車の管理保全はあくまで車の使用者に義務付けられており、車検を通して「日頃の安全点検を喚起している」と考えたほうが理に適っています。