そのままでは公道を走れないので、仮ナンバーを取得しましょう

車検が切れている車でも、車検を受けられます。運輸支局や整備工場まで車を持ち込む必要がありますが、そのままでは公道を走るわけにはいきません。もしもその状態で走行したら道路運送車両法違反です。

また、自賠責保険が切れていれば、自動車損害賠償保障法に抵触します。なお、無車検車運行および無保険車運行は、違反点数のうえでは各6点です。

では、どうすればいいのでしょうか。一つには仮ナンバー(臨時運行許可証)を取得する方法があります。これは、本来ならば公道を走ることのできない車検切れ車や未登録車などに、日数、運行目的、運行経路を限定して運行許可を与えるものです。その運行経路に含まれる市区町村の役所で借りることができます。

その際は、申請書のほか、免許証、車検証または抹消登録証、有効期間にある自賠責保険証、印鑑などを揃えて、手数料を支払います。車検代行業者の中には、この方法で車を引き取ってくれるところがたくさんあります。

もう一つは、車を積載できるキャリアカーで車検場に運搬する方法です。レンタルで調達してくる手もありますが、あまりに不慣れなことをすると危険ですし、現実的ではありません。車検代行業者で積載車を用意できるところは数多くあります。

いずれにせよ車検切れの車を車検に通すなら、車検代行業者に依頼するのが一番手間が省けます。