可能ですが、車検の有効期限によって手順を考えましょう

車検と名義変更を、同日に行うことは可能です。しかし、ぴったりと同時進行しているわけではありませんので、厳密にいえば 「車検を先にやって名義変更」 もしくは 「名義変更を先にやって車検」 のどちらかになります。つまり、“ほとんど一緒に可能”というわけです。両者の順番をどうするかは、ケースによって異なるでしょう。

例えば、すでに車検が切れている友人の車を譲り受けるといった場合。普通乗用車においては、車検切れの状態では名義変更ができないため、まずは現所有者である友人の名義で車検を通してから名義変更、という流れが一般的です。

また、車検の有効期間が残っている車であれば、先に名義変更をするのもいいでしょう。どちらであれ、新しい車検証がそのつど発行されることになります。ローンを完済した際に行なう所有権留保解除なども同様です。

ちなみに名義変更に必要な印紙代は500円となります。これ以外に申請用紙に40円ほどかかります。またナンバープレートは普通乗用車で1440円~1880円必要です。希望ナンバープレートはさらに料金がかかりますが、同時に手間もかかるのでたいてい業者の手数料も変わります。