車検を受けるためには、納税証明書の再発行が必要です

自動車税の納税証明書がなければ、車検(継続検査)を受けることはできません。納税が済んでいて、かつ納税証明書を紛失してしまった場合は、運輸支局に隣接する自動車税事務所や、都道府県の税事務所で再発行を受けましょう。その際は、車検証や印鑑、また身分証明書などが必要になることがありますので、事前に問い合わせてください。

もしも自動車税を滞納した場合、数カ月後に督促状が届きます。この督促状に同封されている用紙の期日までに自動車税と延滞金を支払えば、その領収書が納税証明書となります。その期日を過ぎてしまうと、さらに延滞金が発生するため、その延滞金も支払わなければ車検が受けられません。この場合も、運輸支局に隣接する自動車税事務所で納付後、車検を受けることができます。